コーチングとは


クライアント自信が自身で考え、気づき、行動する能力を、コーチと呼ばれる相談役との会話の中から引き出す自己改善技術。

1990年代に米国で社員育成として始まる。


コーチングの仕組み


コーチは対話(質問の技術)により、クライアントの思考を整理することをサポートし、目標達成への行動を促します。

クライアントは自分自身の中にある答えを見つけ、気づき、自発的行動を決意し、目標達成へのプロセスを実行します。

①頭の中を整理

②気づき

③自発的行動

④目標達成


クライアントが自分自身の中にある答えを見つけて、自分の意志で行動することを支援します。



コーチング事業紹介


コーチング、コーチ原田 大介



コーチングのメリット


コーチとのセッションを重ねるごとに自己理解を深め、目標に向かうための行動計画を立てることで、目標へ到達するためのモチベーションを持続させます。

 

コーチと行動を約束することにより、怠け心をなくし、目標へ向けて行動することも大きなメリットとなります。

 


コーチとの対話を通し、抱えている悩みや思い込みを解決することで、自然と気持ちが前向きになっていきます。

 

※コーチには守秘義務があります。安心して相談できる相手になります。


コーチはセッションを通し、クライアント自身にとって現実的な行動計画かの判断も問います。

無理な行動計画は挫折へと繋がります。

また、容易過ぎる目標も自身の成長に繋がりません。


人間は今までの経験から「思い込み」により、さまざまなことを判断しています。

自分自身のことも経験から潜在意識の中に刷り込まれた「思い込み」で判断しているものです。

コーチとの対話で真の自分の能力を引き出していきます。


コーチングセッションを継続することにより、考え方、捉え方、行動も理想の状態で継続していきます。

継続することで習慣化され、理想の自分へと成長していきます。

コーチは、目標や理想の自分へ向かうクライアントのサポーターです。



blog


#134 まず思う
>> 続きを読む

#133 イメージ
>> 続きを読む

#132 笑顔
>> 続きを読む

#131 言葉の大切さ
>> 続きを読む

#130 本の紹介 「仕事ができる」とはどういうことか?  楠木建・山口周
>> 続きを読む